タグ: 常駐

アンチウイルスソフト2重常駐の危険性

ウイルス駆除ソフト(アンチウイルスソフト)はなにを使われているでしょうか?年末年始や、イベントが増えるにつれ、それに便乗した迷惑メールや、サイトも増えてくると思いますので注意が必要です。

では本題です

アンチウイルスソフトを複数パソコンに入れておけば検出率も上がり安全だろうと思っている方がいると思いますがむしろ危険です。
当ブログで「ウイルス駆除ソフトは無料版で十分だと思う」でアンチウイルスソフトについて少し書きましたが、
今回は競合の危険性についてです。

ウイルス駆除ソフトの常駐はひとつまで

フリーのウイルス駆除ソフトを使う方や、パソコンを新規購入した時にお試し版で入っていたのでそのままにして、違うソフトを入れたなんて事があると思いますが、ウイルス駆除ソフトも常駐していれば、機能に差はあれど外部からの監視をしている訳ですから2重常駐は危険です。

2重常駐はなぜ危険なのか

会社での仕事で例えて見ましょう

【Aさん】
この仕事はおれがやる、と重要な案件を任されたAさん。

【Bさん】
おれも手伝うよと、横やりを入れてきたBさん。

この段階で両者が喧嘩にならず、共同作業できれば問題ないと考えますが喧嘩になった場合どうでしょうか?

【Cさん】
そこへ、Cさんがこそっと乱入、んじゃおれが手柄を立ててやると重要案件をメディアで外部に持ち出して、ウイルス感染、拡散となった場合最悪の事態になりかねません。

上記は会社での架空の例ですが、ウイルス駆除ソフトの場合、2本以上常駐する事は検知率を上げるどころかソフトどうしが喧嘩になり、本来の働きをしない可能性がある為危険です。

そればかりか、ウイルス駆除ソフトどうしが競合した場合、本当にウイルスが来た時、処理の判断を遅らせる原因となりウイルスがスルーされる可能性があります。

競合の危険性(一例)

常駐型のMicrosoftSecurityEssentialsPandaCloudAntivirus(フリーソフト100より)を常駐した所に非常駐のMcAfee Security Scan Plusでスキャン (McAfee Security Scan Plusは、ウイルス駆除ソフトやファイヤーウォールが正常に機能しているか主にチェックするもので、ウイルス駆除とは程遠いものです)

アンチウイルス二重登録

基本的な対策

2本以上ウイルス駆除ソフトを入れる場合、常駐させるソフトはどれか1本に絞り、あとは、プラスアルファで予備的なスキャンとして考えていた方が無難です。

ウイルス駆除ソフトどうしを喧嘩させて、肝心のウイルスをスルーさせたのでは意味がありません。

*****     まとめ     *****
  • 年末年始にかけて、ウイルス増加期間に入ります。
    年末セール関係、年明けにはおめでとうセールなどウイルスがいろいろ出てくると思います。
  • ウイルス駆除ソフトが競合したままでは意味ありません。
    上記に書いた事でほとんどですが、常駐させても機能していなければ意味がありませんので常駐メインを1本にして、非常駐でたまにスキャンしてメインソフトの機能を補ってあげるのが理想かと思います。

ウイルス駆除ソフトも「完全なものはありません」ので有料版でも、無料版でもご自分の環境に一番合ったソフトを上手く使用していくのが年末年始に限らず、パソコンを守っていく策だと思っています。

ノートン世界シェアNo.1バナー カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ
Pocket

パソコン温故知新 © 2015 Frontier Theme